FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
ごろ店2012.1.10
カックレー(語) 「やあ!今日も来てくれたんだね。

 どうもありがとう。

 外は寒いようだけど、

 元気に過ごしているかい?

 僕は相変わらずだよ。

 今日は朝から友達の料理屋で、

 食事と会話を楽しんでいるんだ。

 よかったら君も寄っていかないかい?」


カックレー(語) 「ここはね。僕の行きつけの料理屋なんだ。

 と言ってもこの村じゃ料理屋は

 ここぐらいなものなんだけれどね?

 ここの料理は絶品だよ。ゴロは本当に料理上手さ。」

カックレー(語) 「でもね。

 はじめてこのお店に僕が来たときは

 オーナーのゴロととんでも喧嘩をしたものなんだ。

 "ポロン"なんかもやってきて

 もうどうなる事かと思ったね。



 ・・・え?ああ、"ポロン"っていうのは

 この村の交番にいるおにいさんだよ。


 ポロンの話はまた今度。

 今日は初めて僕が

 ゴロのお店に来た時のお話をしようじゃないか。」



ごろ(語) 「いらっしゃいませ!お好きな席へどうぞ!」

カックレー(語) 「元気ハツラツなオーナーゴロは

 僕がお店に入って来るなり、

 あのほっそい目を輝かせて

 座席を勧めてくれた。

 その頃はね。お昼でも

 今みたいにそんなに混んでいなくてさ。

 
 ・・・え?今も人がいないじゃないかって?


 ゴロのお店だって、休みのこともあるんだよ?

 とにかく、混んではいなくてね?

 僕がその日最初のお客だったんだよ。

 僕は僕でその日がこの料理屋に来る

 初めての日だったから、

 あっちこっち店内を眺めたよ。

 "青い店だな。"

 そんなことを考えてた。」

 カックレー(語) 「ちなみに僕は元冒険家だからね。

 各地のおいしい店の料理は沢山食べていたし、

 自分で言うのもなんだけど、リッチだった。


 ・・・リッチ?お金持ちさ。


 この料理屋は、申し訳ないけど、

 あまり高級な店には思えなかったね。


 だけれどね、

 店内中央に置いてあるお魚は

 目を惹くものがあるよね。

 "あれがメイン料理に使うものに違いない"

 そう思ったね。」


ごろ(語) 「ご注文はなんにしますかね?」

 メニュー表を持ってやってきたゴロに

 僕はね?こういったんだ。

カックレー(語) 「"この店で一番高い…

 その魚を使った料理をお願いできるかな?"

 丁寧に言ったつもりだった。

 感じよく言うつもりだった。

 でもその口ぶりは、"どこの金持ちだ!!"

 と言いたくなるほど偉そうだったのかもしれない。

・・・どうなったのかって?」


ごろ(語) 「ふっざけんじゃねえぞ!!このダチョウが!!」

カックレー(語) 「ゴロは当然のように激怒した。

 僕の言い方がかなり気に障ったんだろう。

 だけれど、目に余るような罵声を

 お客の僕にぶつけまくってね。

 それはもうなんていうか、

 店じゃなかったね。

 その罵声に我慢ならなかった僕は

 "そこまで怒ることかい!!

おいしい料理を願って何が悪い!"


 と怒りかえしたわけだ。

 その声は村中に響き渡り、

 わらわらとヤジ馬が集まり出す。

 "おいしそうな魚が

 目の前にあるのに

 それを客に出せない

 っていうのか?!"


ごろ(語) 「ああ!!だせないね!!

 誰が食わせてやるものか!!」


カックレー(語) 「なんつう店だと思ったね。

 お客に喧嘩を売るとは、

 料理屋としてどうなのか。


 "ここでは料理屋じゃないのか!?"

 "お客をオーナーは選ぶのか?!"

 "だから人がいないんじゃないのかい?!"



 野次馬が集まり出したそのお店で

 僕は激しくゴロを罵ったよ。



 ところがだ。

 ゴロは何が悪いと言わんばかりに

 お店中央の水槽に手をやって

 僕にきっぱりとこう言ったんだ。」


ごろ(語) 「ここは!野菜の料理専門店だ!!」
カックレー(語) 「レストランで目の前にあるものすべてが、

 そのお店の料理に使われるものとは限らない。

 メニューも見ないで、

 偉そうにお金を振りかざそうとした僕は

 ただのバカでしかなかったんだ。

 レストラン中央にいた大きな魚は

 実はゴロの大の仲良し。

 お店じゃ、いいミュージックを奏でてくれる

 なくてはならない存在だった。

 それを食おうと考えた僕は

 ある意味かなり恐ろしいよね。」


カックレー(語) 「なかなか面白い話だっただろ?

 ・・・そうでもない?

 まあ、人それぞれだからね。

 そうそう、このひと騒動があったおかげで、

 村の人は、この料理屋によく来るようになったんだよ。

 魚のミュージックもなかなか話題で、

 何が起こるかわからないよね。

 今じゃゴロとは、こうやって

 ときどきお茶をさせてもらう仲になっているんだ。

 今度は君も、ゴロのお店が休みじゃない日に来て

 食事をしてみるといいよ。

 ここの料理は本当に絶品だからね。

 今日は話を聞いてくれてありがとう。

 また来てくれると嬉しいよ。」


2012/01/10(火) 08:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
年賀状2012014

カックレー(語) 明けましておめでとうございます。

 そっちでは”年賀状”ってのを書くんだって?

 それはいい!!

 ってわけで、

 僕も描いてみたんだけど…

 どうかな?

 ・・・え?地味だって?

 ・・・え?見づらい?

 ・・・え?辰年だろって?

 言いたいこといってくれるねー。」


カックレー(語) 「それにしても

 新しい年になるって考え方はいいよね。

 何かを始めたいって気持ちになるし

 新他に何かが起こりそうな

 そんな楽しさがある

 ま…不安ももしかしたらあるのかもしれないな!

 でも、そのドキドキ感が

 元冒険家としては

 やめられない感覚なんだけどね!

 
 どうだい?

 ”何か始めよう”っていう

 目標みたいなのって持っているのかな?

 僕はね?

 この村じゃ、新しい年とか、

 そういうのはあまり関係ないんだけど…

 もし

 そういうのを掲げるんだとしたら…

 自分の去年だめだった部分をしっかりと見直して…

 そこを

 何としてでも改善していく

 努力と精神力行動力?

 そういうのを磨いていけたらなって思うね。

 冒険家としてじゃなくて、

 自分として

 生きていくために必要な

 最低限の人間らしさを

 手にしたいね!!


 ・・・え?

 見た目がダチョウだから無理だって?


 みもふたもないこというのね?」 

 カックレー(語) 「もしもさ。

 そのために、どこか行かなきゃならないなら、

 それはそれで仕方がない事とか思うんだけど…

 これ、続けさせてもらえたら、

 僕としては嬉しいかなっとか

 考えるよね。

 新たな目標に向かって、

 君も僕も

 頑張っていこうね!!

 うん。

 ってわけでさ。

 短いけど

 今日は、突然のあいさつを

 長々と聞いてくれてどうもありがとう!!

 今年もよろしくお願いできたら

 僕は本当にうれしく思うよ!

 それじゃあ…」
 
2012/01/01(日) 10:37 | コメント:2 | トラックバック:0 |
カックレー(語) 「やあ!今日も来てくれたんだね!

 どうもありがとう。

 そちらでは

 今日は”クリスマス”っていう日になんだって?

 実はこの村でも、

 広場でパーティがあるんだよね。

 よかったら覗いていってくれるかな?」


星降る夜に

カックレー(語) 「ほら!

 すごく賑わっているだろう?

 村の全員ってわけじゃないんだけど、

 今日は広場に集まってパーティさ。

 ここが広場ってわけ。

 中央の大きな木と女神の像が、

 この広場のシンボルなんだよ!

 テーブルもたくさん置いてあって、ゴロの料理や…

 内緒だけどフォルデのケーキも置いてあるんだぜ?」


 カックレー(語) 「そうそう見てくれよ。

 青の空!!

 不思議なことなんだけど、今日っていう日はね。

 この世界じゃ、昼間が来ないんだよ!

 一日星の空を楽しめるんだ!

 木々に明かりを灯して、おいしい料理を食べながら

 みんなこの一日を楽しむんだよね。

 そして、一番のメインイベントがあるんだ。

 それが、

 「幾千の星が降る」

 …ここに降って来るのかって?

 違う違う!そんなことになったら

 危なっかしくて仕方がないじゃないか!

 空に見られるんだよ!

 それはもうきれいなんだぜ?

 赤や青、黄色や白にぼんやりと発光しながら

 次々に降っていく様子はそれはもう見モノなのさ!」


 カックレー(語) 「村ではその瞬間、

 村の明かりを全部消して、

 人々はみんな空を見上げ、

 その降り注ぐ星ボシを眺めて

 来年への思いを巡らしたりなんだりするんだ。

 ・・・え?「なんだり」は何かって?



 …適当に考えるんだよ!!

 そういうことにしたらいいと思う!

 
 例えば…今年への感謝だったり…

 誰かへの祈りだったり…

 自分の願いだったり…

 
 とにかくその瞬間だけは

 誰も言葉も発さないで

 ただただ空を見上げているんだ。

 なんていうか素敵だろ?

 その瞬間だけは

 誰もが一つになっているんだから…。

 そして僕が初めて

 この村に来た時は…

 かなり…


 「あまのじゃく」だったね。


 そんなこと知らなかったからさぁ…

 もうしゃべりまくりで怒られた

 記憶があるんだよねぇ…。」

カックレー(語) 「そんな今日という日が

 今年もみんなで祈れたらいいなって思うよ。

 星降る夜に思いを載せて

 空へ見送る僕たち…

 …うん…。



カックレー(語) 「やあ、

 今日も話を聞いてくれてありがとう!

 暇つぶしになったかな?

 今日は暇じゃ無かったかな??

 星の降る瞬間、

 見せることができたらいいけど…

 はっきり言うよ。


 無理!!


 だってみんな空を眺めているんだからね。
(残念ながら作っている人の都合だよ。)
 そんな僕らを…

 どうか怒らないで

 また見に来てくれると嬉しいよ。」

 
2011/12/25(日) 10:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フォルデ・部屋11.12.15

カックレー(語) 「やあ!また来てくれたのかい?

 どうもありがとう!フォルデも喜んでるよ!

 今日はお菓子は用意してないみたいだけど

 まあ、のんびりしていってくれないかい?」



カックレー(語) 「”妖精ジェシーのおかげだよ?”

 ・・・え?突然何の話かって?

 村にフォルデのお菓子が並ぶ理由の話だよ。

 せっかく今日もフォルデのお家にいるんだし、

 前回の話の続きでもしようじゃないか。



 …で、なんの話だったかな?」


フォルデ 「…ジェシー…」

カックレー(語) 「そうそう!妖精のジェシーさ!

 村にフォルデのお菓子が配られるのは、

 ジェシーが運んでいるからなんだよ。

 村の人って不思議だよね。

 魔女は怖くても妖精は、やっぱり可愛いんだよね。

 小さいからかな?

 それに魔女のお菓子は、何となく怖い感じがしたり

 しなくもないけど

 妖精のお菓子って聞いたら、

 なんとなくおいしそうに感じないかい?

 僕は感じるね。少なくてもね。」


カックレー(語) ある時フォルデは森を歩いていた。

 いつものようにお菓子の材料の

 おいしい果物を探していたんだ。

 するとそこにひょこひょこと浮遊する

 淡い暖かい光が目の前に現れた。

 ぽっかりと開け、一面花畑となったその場所に

 ・・・うん。

 ジェシーはいたんだね。

 フォルデはすぐ仲良しになって、

 いろんな話をしたんだそうだ…。

 そしてある時フォルデは考えたんだよ。

 ”ジェシーに頼んだら、村のみんなは

 お菓子の味見くらいはしてくれるんじゃないか…?”

 ジェシーは快くOKしてくれてね!

 お菓子を持って村に行くんだ。

 フォルデはもちろん。

 始めは心配してたんだけど

 ジェシーは称に合っていたのか

 お菓子を全部配ってきた。

 その上、初めての村がかなり楽しかったらしくて

 大はしゃぎだったんだそうだ。

 そして、また配ってあげると約束した。



 そんな日々が、今も続いているってわけ。」



カックレー(語) 「・・・え?

 そのジェシーはどこにいるのかって?

 どうやら今日もお出かけしているみたいだね。



 そう、お出かけさ。



 ジェシーはここに住んでいるんだ!



 さて、

 この部屋にはジェシーのお部屋があるんだけど…

 気が付いていたかな?」




カックレー(語) ;">「今日も話を聞いてくれてありがとう

 僕の話は退屈しのぎになっているのかな?

 そうなら嬉しいんだけど…

 もうすぐ村では“星降る夜”がやって来るんだ。

 君も、来れたらいいね!

 忙しいかな?

 その時は、またお話を聞かせてあげるよ。

 それじゃあ、またね。」
2011/12/15(木) 09:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フォルデ・部屋11.12.8

カックレー(語) 「やあ!今日も来てくれたんだね!ありがとう。

 今日はちょっと友達にお呼ばれしていてね。

 そうだ。よかったら君も一緒にここで・・・

 僕の話でも聴いていかないかい?」


カックレー(語) 「僕の友達…彼女はフォルデっていうんだ。

 今日は彼女の話をしようか。

フォルデ 「・・・。」
カックレー(語) 「え?恥ずかしいって?

 じゃあ、お菓子作りに熱中しててくれないかい?」


カックレー(語) 「彼女は見ての通り、部類の美人なんだ。

 そのうえ料理上手のきれい好き!

 中でも彼女の作るスイーツはとても美味しいんだよ?

 この村で行われるパーティなんかでは必ずと言っていいほど

 彼女のスイーツがテーブルを賑わせて大好評さ。

 それでいておく手な彼女だから世の男性はきっと

 彼女にあったらほおっては置かないだろうと僕は思うよ。


 だけれどね?


 そんな彼女に近づこうっていう人は全然いないんだ。

 ああ、僕を覗いてね。


 なぜだかわかるかい?


 “森の奥には子供をさらう魔女が住んでいる…”


 村ではそんな恐ろしい噂があるんだよ!

 僕はその噂の森の入口付近に住んでいるわけだけれども

 彼女はまさに!みごとに!!素晴らしいほどに!!!

 その森の中に!!住んでいるんだよ!びっくりだろ?

 しかも、この家、中はこんな感じだけど、

 外観はケーキの形をしているかわいらしいおうち。

 そこにある鍋もいつもぐつぐつ言ってるし

 彼女も、あの服装はポリシーなのか何なのか

 もう、見た目はまさに魔女さ。

 とにかく、”魔女ですか?”と言ったら”そうかもね!”

 と言いたくなってしまうよね。

 だから、彼女を森の中で過って見かけた住人たちは

 魔女に合ったと驚いて、ますます森に近づかないのさ。


 そして、それが、あまりにショックだったのかな。

 彼女は森を出ようとしなくなってしまった…。

 そこは、残念なことだと僕は思うけどね…。」


カックレー(語) 「だけれど、彼女はそれでいいと思っているみたいなんだ。

 ここはもともと、

 彼女のおばあさんの住んでいた家なんだそうだ。

 彼女はお菓子作りが何より好きで毎日鍋を沸かして、

 お菓子の研究をしてる。

 おいしいお菓子で、村の人を喜ばせるのが楽しみなんだって。

 あの服は汚れにくくていいらしいし

 大事な耳はあのとんがり帽子で守っているんだ。

 どれにもかれにもやっぱり理由ってあるものだよね!

 だから、

 彼女はそれなりにこの生活を満喫してるみたいだよ。

 たまにこうやって僕も呼んで3人でお茶会なんかもしていたしね。

 だから僕はあえて、村の人には言わない。

 …なにを?って?

 ”彼女は普通の人間だよっ”ってことをだよ?

 言ったら言ったで逆に変な噂も立ちかねないしね。

 だから村の人たちには言わないのさ。

 
 いつかその日が来るまでは…


 ホントなんというかさ。

 僕が思うに、恐いのは魔女なんかじゃなくって


”噂っていう呪文のような魔法”


 なんだ。って・・・。

 君もそう思わない?」


カックレー(語) 「さて今日も話を聴いてくれてありがとう。

 楽しかったよ。

 またフォルデに誘われた時は

 君も一緒に来るかい?」


フォルデ 「…歓迎する…」

カックレー(語) 「だってさ!

 だからもし暇だったら、

 また覗いてくれると嬉しいな。

 それじゃあ!」
2011/12/08(木) 10:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
プロフィール

ダチョウ牧場Fさんです。

Author:ダチョウ牧場Fさんです。
北海道の丘の町美瑛町にある、ダチョウ牧場orchard grass(オーチャードグラス)のダチョウブログです。
牧場内のフレンチレストランの紹介と…おもにお話書いているかも…ご了承ください。

 
各ランキング参加中・・・
※各ランキングに参加しています! 準備中段階に恐縮ですが… 出来れば、ポチ、おねがいいたします!
 
QRコード
QR
 
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。