FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
カックレー・部屋111124

カックレー(語) 「やあいらっしゃい!

 よく来てくれたね。

 今丁度、昔の思い出を広げていたところなんだ。

 もし今日も暇なら、

 僕の話でも聴いていかないかい?」


カックレー(語) 「何を広げていたのかと言うとね。

 これは、"宝の地図"なんだ。

 前にも言ったけど僕は元冒険家だ。

 いろんな地図を手に入れては

 お宝目指して駆け出して…

 噂に名高いお宝あれば

 調べ上げての探しに行ったり…

 本当にその頃は、それが楽しくって

 仕方がない毎日だったよ。

 んで、そんな冒険の中で出会う人々もまた面白くってね。

 …どういう風に面白いのかって?」


カックレー(語) 「今日はお宝の話だからね。

 その話に添わせると…

 そうだね。面白いのは、人それぞれで

 お宝の価値観…種類っていうのかな?

 それが違うってことだろうね!



 たとえば…ある人は指輪や宝石!必死になって

 手に入れたんだろうね。

 それはとっても美しくってね?

 宝石箱から絶対に出さないって人がいたよ!

 僕なんかは指輪はつけてナンボだと思うけどね。


 例えば…沢山のノート!その人が書きためた知識が

 そこにはあって、

 何よりも大切なものになっていた。

 僕なんかは知識は頭に全部入いるから、

 そういったノートはないんだけどね!

 …だったらいいなと思ってる…。


 例えばリストバンド。いろんな模様、色があって

 まあ、コレクションだね。


 それから…

 道端で拾った石だったり…

 好きな人からもらったお手紙だったり?


 人によってホント"お宝"と名のつくものは、

 違うんだなってつくづく感じたよ。」


カックレー(語) 「でもそれは。決しておかしなことじゃないんだよね。

 それはとても自然なことで美しい事なんだなと思う。

 他人にはさ。"どうしてそんなものが?"って

 思うものが、その人にとって"大切なもの"…

 それってとっても面白いことだよね!!


 そうだ…これも手紙に書いておこう…

 …ああ、誰にかって?独り言も聞き逃さないねえ。

 もちろん!手紙を送ってくれるあいつにさ。」


カックレー(語) 「そうそう。"僕のお宝は何か"

 って話になるよね。

 それとも、この流れからわかってもらえたかな?

 そう、僕のお宝はこの…"宝の地図"さ。

 …冒険に行くのかって?


 いやいや。これはすべて、"使用済み"さ。

 宝を目指して取りに行って…、苦難が色々あって…

 そこに宝がなかった!!こともある…

 まあ、何が言いたいかっていうと

 この地図を見ると、その楽しかった道のりを

 振り返ることができるんだ!

 だからこれが今も、僕にとって一番の宝物なんだよね!




 訂正…

 2番くらいかな?」

カックレー(語) 「もうこんな時間だね。少しは暇つぶしになったかな?

 僕は君と話せてよかったよ。

 話を聴いてくれてありがとう。

 まだ、僕の話しかしていないけど、

 初めての村に、一人で出るのは緊張するだろ?

 その内僕が、村の紹介もしてあげるよ。

 それじゃあ、今日はありがとう。

 また来てくれると嬉しいよ。」
スポンサーサイト
2011/11/24(木) 08:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
プロフィール

ダチョウ牧場Fさんです。

Author:ダチョウ牧場Fさんです。
北海道の丘の町美瑛町にある、ダチョウ牧場orchard grass(オーチャードグラス)のダチョウブログです。
牧場内のフレンチレストランの紹介と…おもにお話書いているかも…ご了承ください。

 
各ランキング参加中・・・
※各ランキングに参加しています! 準備中段階に恐縮ですが… 出来れば、ポチ、おねがいいたします!
 
QRコード
QR
 
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。