FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |

カックレー・部屋111117

カックレー(語) 「やあ!いらっしゃい。

  よくきてくれたね!

  部屋の片付けも丁度一段落して、休憩でもしようと

  していた所なんだ。

  せっかくだしよかったら、少し僕の話でも

  聴いていかないかい?暇つぶしにさ。」

カックレー(語)「自己紹介がまだだったね。


  僕の名前はカックレー。元冒険家だ。


  …どうして"元"かって?

  それは見ての通り、この家に暮らしていくことにしたからさ。

  …どういう意味かって?

  村の外や世界には、冒険に行かないよって意味かな。

  …なんでかって?

  まあ、いろいろ事情はあるけれど強いて言うなら


  "ある人との約束を守るため"ってところかな。


  …誰との何の約束かって?よく聞くねえ。

  それはその内わかるでしょう。

  それに君と僕は初対面なわけなんだし、

  そうそうすぐには話せない。


  わかるよね?」




カックレー(語) 「それで、僕はずっとこの家、島?…かな?

  …とにかく住んでいるわけだけれど、

  やっぱり冒険家だったせいかな。

  初めの内は、島の外に目を向けたくってたまらなかった。

  外の世界にはわくわくすることやドキドキすることが

  いっぱいだったからね。

  どうにも村で過ごし始めると

  毎日毎日同じような日常を繰り返して…


  …どんな日常かって?

  例えば、朝起きてご飯を作るだろ?

  作る場所は決まってこの家のキッチンなわけ。

  食べ終わったら洗いもの。掃除洗濯…

  ここら辺を午前中に終わらすわけだ。


  するとお昼近くになって、またご飯を作る。

  昼にそれを食べてまた洗いものだよ。

  で、部屋で暫くゴロゴロ過ごす。

  そうすると、過去の冒険が恋しくなって途方にくれたり

  今までの思い出にどうしても浸るんだよね。

  そしたらお腹がすいてまたご飯を作る。

  食べる!

  寝る!!

  その繰り返しさ。みんなもそうだろ?


  ふと窓を見るとそんな同じことをしている僕の姿が、

  変わらず写っているんだ。


  ああ!!なんてつまらない日常!!


  それが楽しいって人も当然いるとは思うよ。

  実際僕の友達にもいるからね。

  だけど僕にとっては退屈な毎日でもう死にそうだったよ。

  こんな毎日を僕にあいつはずっと過ごせというのか?!」




カックレー(語) 「"…だった?"じゃあ今はどうなのかって?

  うん。

  そんな僕にね。一通の手紙が届いたんだ。

  あいつからね。

  その手紙には、世界や冒険の素晴らしさ、感動なんかが

  ひしひしと伝わって来るようなことが書かれてた。

  そしてあいつは、その手紙を出した場所に暫く滞在する、

  返事を待つってなことを書いてあったんだ。


  ひどい話だと思わないかい?

  冒険をしたくてたまらない僕に冒険は楽しいぞって

  手紙を書いてきてその上、返事をよこせという。


  こんなむなしいことが本当にあるんだろうか!!

  あるんだな…みたいなね!


  僕は手紙を破り捨てそうになったよ。

  けど…ふと僕は窓を見たんだ。

  そしたら、どうだったと思う?


  …誰かが見てた?

  そんなことじゃないよ。まあ見てたら恥ずかしいけどね?


  そうじゃなくて、そこには手紙を掲げて今にも

  破り捨てそうに力を両手に入れている姿。

  すっごい形相の僕がいたんだよ。


  写ってたって意味だよ?鏡のようにね。


  それは、いつもと違う僕だった。

  同じような日常の中に変化があったんだよ!!

  そう思った瞬間、僕は何だか嬉しくなった。


  たまたま今回は外から、来た手紙だったけれど…

  僕らって同じように日々を過ごす中で、

  ときどきはっとした変化がある…


  それは、とっても面白いことだったんだって。


  僕は手紙を書いていた。

  一所にとどまって手紙を待つあいつに返信するためにね。


  僕はその日から、やっと外に出るようになった。

  もちろん村の中だけど。

  "ドキドキわくわく"世界から、

  自分や村の人々の日常に目を向けるようになったんだよ。

  日常に"それ"を見いだせるようになっていたんだ。


  そして、また手紙を送って来るあいつに

  あいつの村は今、こんな事が起こってる

  って教えてやるようになったんだ。



  …それが僕の今の日常…


  僕は元冒険家だ。


  だけど…考えるとある意味…


  今でも冒険…しているのかもね。」



カックレー(語) 「もうこんな時間だね。少しは暇つぶしになったかな?

  僕はなったよ。

  話を聴いてくれてありがとう。


  また機会があったら覗いてくれるかな?

  僕のほかにもこの村にはいろんな人が住んでいるからね。

  僕がその内、紹介するよ?


  じゃあ、今日はありがとう。

  また来てくれると嬉しいよ。
スポンサーサイト
2011/11/17(木) 11:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カックレー・部屋111124

カックレー(語) 「やあいらっしゃい!

 よく来てくれたね。

 今丁度、昔の思い出を広げていたところなんだ。

 もし今日も暇なら、

 僕の話でも聴いていかないかい?」


カックレー(語) 「何を広げていたのかと言うとね。

 これは、"宝の地図"なんだ。

 前にも言ったけど僕は元冒険家だ。

 いろんな地図を手に入れては

 お宝目指して駆け出して…

 噂に名高いお宝あれば

 調べ上げての探しに行ったり…

 本当にその頃は、それが楽しくって

 仕方がない毎日だったよ。

 んで、そんな冒険の中で出会う人々もまた面白くってね。

 …どういう風に面白いのかって?」


カックレー(語) 「今日はお宝の話だからね。

 その話に添わせると…

 そうだね。面白いのは、人それぞれで

 お宝の価値観…種類っていうのかな?

 それが違うってことだろうね!



 たとえば…ある人は指輪や宝石!必死になって

 手に入れたんだろうね。

 それはとっても美しくってね?

 宝石箱から絶対に出さないって人がいたよ!

 僕なんかは指輪はつけてナンボだと思うけどね。


 例えば…沢山のノート!その人が書きためた知識が

 そこにはあって、

 何よりも大切なものになっていた。

 僕なんかは知識は頭に全部入いるから、

 そういったノートはないんだけどね!

 …だったらいいなと思ってる…。


 例えばリストバンド。いろんな模様、色があって

 まあ、コレクションだね。


 それから…

 道端で拾った石だったり…

 好きな人からもらったお手紙だったり?


 人によってホント"お宝"と名のつくものは、

 違うんだなってつくづく感じたよ。」


カックレー(語) 「でもそれは。決しておかしなことじゃないんだよね。

 それはとても自然なことで美しい事なんだなと思う。

 他人にはさ。"どうしてそんなものが?"って

 思うものが、その人にとって"大切なもの"…

 それってとっても面白いことだよね!!


 そうだ…これも手紙に書いておこう…

 …ああ、誰にかって?独り言も聞き逃さないねえ。

 もちろん!手紙を送ってくれるあいつにさ。」


カックレー(語) 「そうそう。"僕のお宝は何か"

 って話になるよね。

 それとも、この流れからわかってもらえたかな?

 そう、僕のお宝はこの…"宝の地図"さ。

 …冒険に行くのかって?


 いやいや。これはすべて、"使用済み"さ。

 宝を目指して取りに行って…、苦難が色々あって…

 そこに宝がなかった!!こともある…

 まあ、何が言いたいかっていうと

 この地図を見ると、その楽しかった道のりを

 振り返ることができるんだ!

 だからこれが今も、僕にとって一番の宝物なんだよね!




 訂正…

 2番くらいかな?」

カックレー(語) 「もうこんな時間だね。少しは暇つぶしになったかな?

 僕は君と話せてよかったよ。

 話を聴いてくれてありがとう。

 まだ、僕の話しかしていないけど、

 初めての村に、一人で出るのは緊張するだろ?

 その内僕が、村の紹介もしてあげるよ。

 それじゃあ、今日はありがとう。

 また来てくれると嬉しいよ。」
2011/11/24(木) 08:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カックレー・森の家外観11121

カックレー(語) 「やあ、よく来てくれたね。

 これは僕が描いた外の様子なんだ。

 ちょっと家の外も紹介しようと思ってね。

 もしこれからちょっと暇があるなら、

 今日も僕の話につきあってくれるかな?」


カックレー(語) 「そうそう、僕の家の外観を見るのは初めてだろう?

 僕は森の入口に家を構えているんだよ。

 と言うより、あいつの家だったんだけどね。

 横で木なんて育ててて、

 あいつは本当に植物の好きなやつだったんだ。

 この絵はね。さっきも言ったけど

 僕が描いたんだ。

 あいつの家を見たとき僕は真っ先に気に入った。

 そしておもわずPCを開いた。

 …え?PCって何かって?

 パソコン。

 …え?

 冒険家だって、PCくらいは持っていたんだよ?

 いや、正確にはそれしか書くものを持ってなかったんだ。

 …写真にできなかったのかって?

 技術がなかったんだよ。僕のね。


 どんな大きな壁にも立ち向かい困難を乗り越える

 素晴らしき冒険家にも

 苦手なものはある!!」



カックレー(語) 「とにかく描いてみて思ったのは

 ぼくは、つくづく絵のセンスがないなあと実感した事だね。

 もっと村はこう…きれいな感じさ…

 季節があって、

 夏でも冬でも色鮮やかで素敵なんだ。


 …え?季節なんてあるのか?だって?

 もちろんだよ!

 そうだ。この家の横に描いてある木なんか

 季節を表すのにぴったりさ。

 この絵を描いた時は冬だったから、

 真白な葉がついているけど

 季節によって、ホント鮮やかに色を変えるんだよ?

 そうだね。その内今度は

 僕の絵じゃなくて、実際の風景を見せてあげるよ。

 同じ場所でも全然違う風景って本当に感動するよね!」


カックレー(語) 「それに何より好きなのが、

 その季節ごとで行われる祭りってやつかな!

 祭りってホント楽しいよね。

 みんなでやっても個人のものでも!

 もうすぐこの村でもクリスマスっていうのがあるんだよ?

 後それから、年も越さないとね!


 …え?そっちでもあるのかい?

 それは意外な共通点だね!

 他にも共通点があったら面白いなあ。

 今度はそっちの話も聞かせてくれると楽しいかもね。」


カックレー(語) 「君はどの季節が好きなんだい?

 僕はどの季節でも大好きさ!

 ただ一つはっきりしていることは…

 どの季節を描いても、僕の絵は…

 これ以上のものは描けないってことかな…!

 そうだ。

 近いうち、実際に村の外を眺められるようにするからね!

 四季があるって本当に素敵なことだと思うんだ。」


カックレー(語) 「今日は話につきあってくれてありがとう…

 とっても楽しかったよ。

 …絵の評価…聴きたいかって?


 どうかな。


 じゃあ。またもし暇があったら

 この家を覗いてくれないかい?

 また来てくれることを楽しみにしているよ。」
2011/12/01(木) 07:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フォルデ・部屋11.12.8

カックレー(語) 「やあ!今日も来てくれたんだね!ありがとう。

 今日はちょっと友達にお呼ばれしていてね。

 そうだ。よかったら君も一緒にここで・・・

 僕の話でも聴いていかないかい?」


カックレー(語) 「僕の友達…彼女はフォルデっていうんだ。

 今日は彼女の話をしようか。

フォルデ 「・・・。」
カックレー(語) 「え?恥ずかしいって?

 じゃあ、お菓子作りに熱中しててくれないかい?」


カックレー(語) 「彼女は見ての通り、部類の美人なんだ。

 そのうえ料理上手のきれい好き!

 中でも彼女の作るスイーツはとても美味しいんだよ?

 この村で行われるパーティなんかでは必ずと言っていいほど

 彼女のスイーツがテーブルを賑わせて大好評さ。

 それでいておく手な彼女だから世の男性はきっと

 彼女にあったらほおっては置かないだろうと僕は思うよ。


 だけれどね?


 そんな彼女に近づこうっていう人は全然いないんだ。

 ああ、僕を覗いてね。


 なぜだかわかるかい?


 “森の奥には子供をさらう魔女が住んでいる…”


 村ではそんな恐ろしい噂があるんだよ!

 僕はその噂の森の入口付近に住んでいるわけだけれども

 彼女はまさに!みごとに!!素晴らしいほどに!!!

 その森の中に!!住んでいるんだよ!びっくりだろ?

 しかも、この家、中はこんな感じだけど、

 外観はケーキの形をしているかわいらしいおうち。

 そこにある鍋もいつもぐつぐつ言ってるし

 彼女も、あの服装はポリシーなのか何なのか

 もう、見た目はまさに魔女さ。

 とにかく、”魔女ですか?”と言ったら”そうかもね!”

 と言いたくなってしまうよね。

 だから、彼女を森の中で過って見かけた住人たちは

 魔女に合ったと驚いて、ますます森に近づかないのさ。


 そして、それが、あまりにショックだったのかな。

 彼女は森を出ようとしなくなってしまった…。

 そこは、残念なことだと僕は思うけどね…。」


カックレー(語) 「だけれど、彼女はそれでいいと思っているみたいなんだ。

 ここはもともと、

 彼女のおばあさんの住んでいた家なんだそうだ。

 彼女はお菓子作りが何より好きで毎日鍋を沸かして、

 お菓子の研究をしてる。

 おいしいお菓子で、村の人を喜ばせるのが楽しみなんだって。

 あの服は汚れにくくていいらしいし

 大事な耳はあのとんがり帽子で守っているんだ。

 どれにもかれにもやっぱり理由ってあるものだよね!

 だから、

 彼女はそれなりにこの生活を満喫してるみたいだよ。

 たまにこうやって僕も呼んで3人でお茶会なんかもしていたしね。

 だから僕はあえて、村の人には言わない。

 …なにを?って?

 ”彼女は普通の人間だよっ”ってことをだよ?

 言ったら言ったで逆に変な噂も立ちかねないしね。

 だから村の人たちには言わないのさ。

 
 いつかその日が来るまでは…


 ホントなんというかさ。

 僕が思うに、恐いのは魔女なんかじゃなくって


”噂っていう呪文のような魔法”


 なんだ。って・・・。

 君もそう思わない?」


カックレー(語) 「さて今日も話を聴いてくれてありがとう。

 楽しかったよ。

 またフォルデに誘われた時は

 君も一緒に来るかい?」


フォルデ 「…歓迎する…」

カックレー(語) 「だってさ!

 だからもし暇だったら、

 また覗いてくれると嬉しいな。

 それじゃあ!」
2011/12/08(木) 10:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フォルデ・部屋11.12.15

カックレー(語) 「やあ!また来てくれたのかい?

 どうもありがとう!フォルデも喜んでるよ!

 今日はお菓子は用意してないみたいだけど

 まあ、のんびりしていってくれないかい?」



カックレー(語) 「”妖精ジェシーのおかげだよ?”

 ・・・え?突然何の話かって?

 村にフォルデのお菓子が並ぶ理由の話だよ。

 せっかく今日もフォルデのお家にいるんだし、

 前回の話の続きでもしようじゃないか。



 …で、なんの話だったかな?」


フォルデ 「…ジェシー…」

カックレー(語) 「そうそう!妖精のジェシーさ!

 村にフォルデのお菓子が配られるのは、

 ジェシーが運んでいるからなんだよ。

 村の人って不思議だよね。

 魔女は怖くても妖精は、やっぱり可愛いんだよね。

 小さいからかな?

 それに魔女のお菓子は、何となく怖い感じがしたり

 しなくもないけど

 妖精のお菓子って聞いたら、

 なんとなくおいしそうに感じないかい?

 僕は感じるね。少なくてもね。」


カックレー(語) ある時フォルデは森を歩いていた。

 いつものようにお菓子の材料の

 おいしい果物を探していたんだ。

 するとそこにひょこひょこと浮遊する

 淡い暖かい光が目の前に現れた。

 ぽっかりと開け、一面花畑となったその場所に

 ・・・うん。

 ジェシーはいたんだね。

 フォルデはすぐ仲良しになって、

 いろんな話をしたんだそうだ…。

 そしてある時フォルデは考えたんだよ。

 ”ジェシーに頼んだら、村のみんなは

 お菓子の味見くらいはしてくれるんじゃないか…?”

 ジェシーは快くOKしてくれてね!

 お菓子を持って村に行くんだ。

 フォルデはもちろん。

 始めは心配してたんだけど

 ジェシーは称に合っていたのか

 お菓子を全部配ってきた。

 その上、初めての村がかなり楽しかったらしくて

 大はしゃぎだったんだそうだ。

 そして、また配ってあげると約束した。



 そんな日々が、今も続いているってわけ。」



カックレー(語) 「・・・え?

 そのジェシーはどこにいるのかって?

 どうやら今日もお出かけしているみたいだね。



 そう、お出かけさ。



 ジェシーはここに住んでいるんだ!



 さて、

 この部屋にはジェシーのお部屋があるんだけど…

 気が付いていたかな?」




カックレー(語) ;">「今日も話を聞いてくれてありがとう

 僕の話は退屈しのぎになっているのかな?

 そうなら嬉しいんだけど…

 もうすぐ村では“星降る夜”がやって来るんだ。

 君も、来れたらいいね!

 忙しいかな?

 その時は、またお話を聞かせてあげるよ。

 それじゃあ、またね。」
2011/12/15(木) 09:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
プロフィール

ダチョウ牧場Fさんです。

Author:ダチョウ牧場Fさんです。
北海道の丘の町美瑛町にある、ダチョウ牧場orchard grass(オーチャードグラス)のダチョウブログです。
牧場内のフレンチレストランの紹介と…おもにお話書いているかも…ご了承ください。

 
各ランキング参加中・・・
※各ランキングに参加しています! 準備中段階に恐縮ですが… 出来れば、ポチ、おねがいいたします!
 
QRコード
QR
 
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。